AutoCAD・三次元CADによる設計・製作・機械開発

有限会社イージー・エンジニアリング

  • HOME
  • 会社案内
  • よくある質問
  • サイトマップ

TEL:0765-83-3521 | FAX:0765-83-3522

メールで問合せ

〒939-0733 富山県下新川郡朝日町月山64 朝日鉄工団地内

手戻りレスによる設計工数を減らす機械設計

1.構想設計.2.詳細設計.3.三面図に変換.4.二次元・三次元データの納品

二次元CAD(AutoCAD)による構想設計を行った後、製品の詳細寸法を三次元CAD(IronCADもしくはInventor)にて設計し、再度、二次元CAD(AutoCAD)へデータ更新し三面図を制作します。一般的な設計手法とは異なるかと思われますが、以上の手順により手戻りが無いようにしています。お客様には、「三面図」「二次元データ」「三次元データ」と必要に応じて納品しています。

1.構想設計

お客様が求める仕様に合わせ二次元CAD(AutoCAD)で構想設計を行います。弊社のAutoCADはカスタマイズがされているため、短い期間でお客様に構想設計をご確認戴けます。

2.詳細設計

構想設計の二次元データを三次元化することで誤解と手戻りが発生しないよう仕様の詳細を詰めます。お客様がご利用しているCADに合わせてIronCADもしくはInventorの三次元CADを使い分けています。

3.三面図に展開

詳細設計で作成した三次元データを二次元データに変換し、平面図、正面図、側面図による第三角法で三面図に展開します。この様な手順を行うことで手戻りレスによる設計工数を減らす機械設計が可能です。

4.二次元・三次元データの納品

二次元データ・三次元データと必要に応じて納品しています。弊社では三次元CADにIronCAD LLC社のIronCADと、Autodesk社のInventorを採用しているため、お客様の設計環境に合わせたCADデータへ変換し納品が可能です。

二次元データ・三次元データと必要に応じて納品!

2D CADデータの特徴

  • 紙図面による現場での記入の容易さと携帯性の高さ

3D CADデータの特徴

  • 三次元ビューワにより製品形状が分かりやすい
  • 解析・干渉チェック・モーションシミュレーションに優れている
  • 2D・3D双方向へのデータ更新が可能で製品形状や寸法に合わせて作り込める

お問合せはこちらまで

PAGE TOP